FC2ブログ

尻尾をパタパタ。

おはようございます!にゃんたま日野管理人のまぐです!

猫が尻尾を振るとき…犬とは違うだろうことは予想していたのですが、まさか…イライラしてるなんてね…。

DSC_0096 (1)
歳三さんとアメちゃんの珍しいツーショットです。歳三がアメちゃんに興味0なので、全然仲良くなりません…まるで空気。
このアメちゃんを慣らそうといっぱい撫でてるわけですが、その間に尻尾パタパタしてるんで、これどういう気持ちだろ~~?とかってワクワクしながら触りまくってたら、本人の心境は「早くやめろよ!」だったそうで…空気読めなくてゴメンナサイ。

しつこすぎるから、進まないんでしょうかね…わからない!でも、足触っても攻撃しないし、いい子じゃん?ただ、昨日爪切ろうと思って捕まえようとして2回くらい失敗したら、トイレに逃げこんだあと脱糞した(汗

本当に怖がらせてゴメン…反省。

1523430055556.jpg
ももさんの写真もついでに。美人ですなぁ…ピカピカに磨き上げたいタイプの猫です。

そういえば、TNRに目覚めてた70代の保護主んさんが居るのですが、本当にこの方が素晴らしい方なんですよ!
大体お年寄りってのは、猫がどうなろうがあんまり興味がない方が多くて、お腹が減るのはかわいそうでも死ぬのはかわいそうじゃないってんで、餌だけ無責任に上げてる人が多いのが現状です。

が、この方は、繁殖を食い止めさえすれば、猫にも人間にも良い環境になる!繁殖を食い止めるためには、TNR時に取り逃がしがあってはいけない!というのを本当によく理解している方で、昨年のTNR現場に漏れがないか確認までしてくれているそうです。実際ここまで真剣に取り組んでくれる方はなかなかいません。実際、ボランティアでも中途半端にしている人だって居るくらいですから。

こういう貴重な人材を大切にして、更にこういう考え方ができる方を一人でも増やしていかなくてはね…と思います。でも、たぶんだけど、持って生まれた性格なんだろうと思います。物事を筋道立てて考えて、真面目であればできること。考えるのが好きじゃなかったり、不真面目だったらできないこと。仕方がないのだけれどね…

できる人を見つけて、その応援をしてあげられるようになりたい。もちろん、私は私で我が家の周りを死守するし。できる人ができることをする。大事ですね。

もちろん、そうやって人知れず手術なんてしてたら、近所の人が気が付いたら、手術せずに外に出しとけば、勝手に手術してくれる!手術代浮いてラッキー!なんて考えるやつが出るんじゃないか?!なんて懸念もあるかもしれません。が、そんなことはどうでも良いのです。私は野良猫がいない環境を手に入れたい。その自分の理想の為に動いているだけ。餌やりが居ようが、手術を押し付けられようが関係のない話なのです。割り切って行こうぜ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃんたま_まぐ

Author:にゃんたま_まぐ
にゃんたま日野の管理人

LINEスタンプ第2弾さくにゃんみけverよろしく!
収益は保護犬猫の医療費に充てさせてもらいます!

お問合せはコチラ(ブログコメントでもOK!その場合は、コメントに返信となります)
admin☆nyantamahino.tokyo
☆を@に変更して送信してね!

にゃんたまLINEのIDはコチラ!
nyantamahino

にゃんたまカウンター
最新記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる