野良猫管理の具体例。

こんばんは!更新を忘れていた、にゃんたま日野管理人のまぐです!

最近、ブログの内容が薄いなぁって思ってたんですよ…思いつけばいくらでも書くんですが、思いつかないから困ったものでして。今日は、TNRだTNRMだ地域猫だとか言うけど、言葉だけじゃよくわかんないじゃん?と思って、我が家の周りの様子と、私が何を気にして捕獲器を仕掛けるのかを具体的に書いてみようと思います。

我が家の周りの地域はこんな感じです。実際の地図でやって特定されても全く構わないのですが、ざっくりな図を作りました。
TNRM例1
我が家は住宅街の中の一軒ですが、近くに雑木林があります。雑木林には狸もいるようです。畑なんかもちらちらある地域です。

私がここに越してきたのはおよそ4年前。その頃は野良猫が結構居ました。人間に姿を見せる野良猫が全てではないですが、3匹くらいは居ました。車に目の前でマーキングもされて怒ったのをよく覚えています。

そのころ見ていた猫達は1年ほどで見なくなりました。背中に大きな瘤を付けていた子も居ました。その子も半年ほどで見なくなりました。引っ越した当初から猫を追い払うこともしませんが、餌もあげることはなく、ただただ居るなぁ…という生活でした。

2年前に近所でくっついて来たにゃんを保護し、今も家に居ますが、その間に庭を通路にしている白茶を発見します。かなり度々見ていたので、せっかくだから手術しました。が、すでに手術済み。耳カットをしてリリースしました。それが2年前くらいの話です。

TNRM例1のコピー
現在私が把握している猫達。写真は保護猫達から同じ柄の子を拝借しているので無関係です(笑
あくまでも、私が把握しているだけなので、これより数匹多いかもしれない。ってか多いな!すでに!

青い縁取りが野良猫。
緑の縁取りが、飼われているけど外にも出る猫達です。あ、茶虎はおそらく飼い猫ですね…ミスです。

私が耳カットしてリリースした白茶は、すでに3歳くらいになっているはず。正直最近見かけていないので、死んでしまったかもしれません。彼は雄で、我が家の周りを縄張りにしていたので、彼が私の家を守ってくれてると思っていたのでお気に入りです。が、彼が居なくなったり、力が弱くなってくると流入してくるので心配…でも野良猫の寿命は4~5年と言われている。実際すでに彼の縄張り維持の力が衰えています。

その証拠が、黒猫です。彼も雄で、私がTNRしました。とても若く、体も6キロ近く。白茶より強そうです。ただ、彼は体格も艶も良く懐っこい感じがしたので、もしかしたら飼い猫だった可能性もあります。黒猫は、ここ4か月くらいのうちに現れ、我が家の方まで範囲を広げてきていました。白茶にとって代わり、我が家の周りを守ってくれる存在かもしれません。

青枠の茶虎に関しては、アメショ柄だったので、ほぼほぼ飼い猫です。体格もいいですが、手術のされてない雄猫です。遠くから見てもわかるくらい、首の周りが太く、ワタリガニ系の顔してます。彼の縄張りは我が家まで来てないので、お隣さんといった感じ。さらに外からの流入を防いでくれると思います。

そして、恐らく手術済みの外飼いの猫がキジとキジ白たち。首輪をつけています。人の家でトイレをする不届きものですが、悪いのは飼い主。誰が飼い主かは知ろうとも思いませんが、早く家に帰ってください。

とまぁ、普通に家を出入りするときや、洗濯物を干しているだけで、この程度の猫と顔見知りになり、猫の生態を知っていればある程度の把握はできます。本当は餌をやってればさらに管理が楽になりますが、家の外に毎日餌を出すことすらできないほどの面倒くさがりなので、やりません!!

で、です。私が大切に考えているのが、猫の縄張りです。この住宅街の右の方はTNRされている猫、野良猫、外飼いの猫が非常に多い地域で、そちらから必ず流入してきます。だからこそ、我が家の周りに最低一匹は、強い猫に居てほしい。だから、黒にしても白茶にしても「保護しない」のです。

野良猫の生活が苦しく、寿命が短いのが分かっているにも関わらず、あえて縄張りを持たせ、地域を守らせようとする私の考えは、正直愛護とはかけ離れている気がします。猫を制するために猫を利用している。それを割り切ってやってるのです。本当は心が痛む。白茶にしても黒にしても、たぶん今の私なら慣らすことができます。でもやらない。もし彼らが居なくなったら、また流入してきて、安定するまでTNRが大変になると思うから。

こうやって管理をするうえで、餌をやるのが一番手っ取り早く確実なのですが、それをしない場合、外に出たときに気にしてみる以外に、猫の鳴き声が重要になります。去年の秋はすごかった。それは黒と茶虎と愛ちゃんがやってきていたから。愛ちゃんは流入したときに喧嘩で怪我を負っていました。小さかったのでリリースできず保護しました。

という、我が家の周りの野良猫管理方法でした。できることが限られている中で、いかに快適な住環境を得るか。何もせず文句言うだけなのか?できることを効率よくやって、快適さを維持するのか。TNRやった頭数が大したことないのは、縄張りを守っている、去勢済みの猫のおかげだと思ってます。これからもよろしく。

こういう割り切った活動ができる人間も、居てもいいと思うんです。地域に一人いると、かなり良くなると思います。餌やってるか、やてないかなんて関係ない。自分の庭は自分で守る。ただそれだけの事です。

今日は文字が多くなってしまった!ふわふわたちの写真をどうぞ。
DSC_00171.jpg
サビ柄ふわふわなこたわし。陽気で撫でられるのが好きでメチャかわいい!

DSC_0018.jpg
ツンデレなライさん。THE洋猫のツンデレです。体はサビ柄。顔はキジ柄。保護猫の中でNo1美人!

DSC_0020 (2)
実は結構小柄なちあき。スリスリゴロゴロ人間大好きっこ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃんたま_まぐ

Author:にゃんたま_まぐ
にゃんたま日野の管理人

LINEスタンプ第2弾さくにゃんみけverよろしく!
収益は保護犬猫の医療費に充てさせてもらいます!

お問合せはコチラ(ブログコメントでもOK!その場合は、コメントに返信となります)
admin☆nyantamahino.tokyo
☆を@に変更して送信してね!

にゃんたまカウンター
最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる