FC2ブログ

大いに取り乱しました。

こんばんは!ちょっと忙しくしていた、にゃんたま管理人のまぐです!

保護したばかりのリサちゃん、日々順調にトレーニングを重ねています。が、保護して5日目くらいにクシュンクシュンと言い始めました。目を見る限り全く風邪をひいている様子はありません…猫の風邪は大体目に来るはずなので、私の知らない何かか!?と心配していました。

DSC_0122.jpg
涙目か?とも思ったりしたけど…今まで見た感じの風邪の猫とはやっぱり違うんだよなぁ…と思って見ていると、鼻からピヨッと1ミリほど何かが見える…。

まさか…!まさか回虫が鼻から!?と嫌な予感がします。この日の朝、便に回虫巻き付いてましたしね…回虫は回るんですよ。消化器官から、肺の方にまで。気管を通ってまた消化器官へ…巡るらしいんですよ…あぁ恐ろしい!だから、鼻や嘔吐で出てもおかしくないのはわかってたんだけど…怖くて怖くて、でも勇気を振り絞ってティッシュで掴んで引っ張り出しました!

DSC_0124.jpg
ギャアアアアアアアアアアアアアア!と叫びましたとも!リサもヘクシュン!と言っていましたとも!やだ!長い!緑!ナニコレ見たことないイヤダアアアアア!と大騒ぎして、リサ連れて病院へ…。

私「鼻から何か変な虫が出たんですぅぅぅぅ」
看護師さん「えー!?(見る)…まぐさん…これ…っぽいです」
私「へ?」
看護師さん「私の知ってる虫でこんなのはいないです。草に見えます。先生にもみてもらいましょうね!」
私「確かに緑だけれども…!?草!?でも鼻からでてきたよ!!!?(パニック」
先生「草ですね(笑」
私「えー!あんなに大騒ぎしたのに…それはそれでよかったけど…」

ということで、粘膜傷付いたので飲み薬もらって帰りました。保護して5日目に急にくしゃみして鼻から草が出てくるってそんなことあるんですねぇ…先生曰く、まっすぐだから喉でずっと引っかかってたんじゃないかって。猫にとっては…草も危険なのかもしれない。

散々大騒ぎして本当に疲れた日でした…。当日はリサもクシュンって言ってたけど、翌日には一切言わなくなって、かなりすっきりした様子。本当に良かった。猫はやっぱ完全室内飼いの方がいい。どんな子でも手術をしてあげてください。鼻に草が刺さるような子が生まれないようにね!

因みにリサは今や私にデレデレしてます。さすが上級猫マッサージ師だわと自画自賛。フフフ。いや、元々いい子だっただけです。ハイ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re: それ以前に

慧様

コメントありがとうございます。にゃんたま管理人です。

>リサちゃんTNRで不妊手術という事ですが早くはありませんか?

とのことですが、リサは推定月齢4か月程度とみております。この程度の月齢になってくると、発情する個体が出てきます。発情前に手術をすることによって、生殖器や乳腺系の病気の発症率が下がるので、なるべく発情前に手術をしたいと思っています。手術を行った後のリサですが、とても元気よく帰ってきてくれました。ご安心ください。

>体も差程大きく無く4ヶ月程度で不妊手術を施し顔が可愛いからといって譲渡会に出品し譲渡金(おいくらか例も書かれていませ>んね)と引き換えに売り捌く御見積りでしょうか。そうは思いたくありませんがあまりにも早い母親からの強奪と不妊手術、人道>的に如何な物かと思いコメ致しました。
>正直好奇心旺盛で跳ね回るこの子の引き取り手は見つかるでしょうか?見付からなければいかがなさる御見積りなのでしょうか。
>元の場所に返す…?ですか。
>不妊手術をしたらば何歳でもどんな性格であっても飼い主様を見付けるのが責任というものと心得ています。

私はリサを商品として扱っているわけではないので、出品や売り捌くという表現はお控え頂ければと思います。譲渡料は当会一律3万円んですが、初期医療と3か月の保護期間で消費されます。また、他の病気や特殊な寄生虫が居た場合など、追加医療を施しますが譲渡料は上げません。決して金儲けの為に保護をしているわけではないことをご理解ください。
また、たとえご縁がなく、里子に出なかったとしても、最期まで面倒を見る覚悟で保護しておりますので、ご安心いただければと思います。不妊手術は全ての猫に必要なことだと思っていますので、保護と譲渡とは切り離してお考え下さい。

また、母猫からの強奪に関しては否定はできません。もっと小さな乳飲み子の場合でも、母猫から引き離すことがあります。私がいついかなる時でも、お金も時間も人手も足りていて、どのタイミングでも捕獲し手術が行える状態ならばベストタイミングで出来ることなのですが、どうしてもそのタイミングでしか関われず、一度の手術をするというチャンスを逃さないためにそうなってしまっています。何もしないまま繁殖し続けるよりは…という思いで手術させてもらっています。また、タイミングを逃したがために、二度と捕まらない等のこともあります。タイミングを選んで活動が出来ないことをご理解頂ければと思います。

>貴殿方は大人のサクラ猫を離して冬に野足れ死にさせるのは黙認なのでしょうか。サイトにてこうしたマイナスの問題点について>も真面目に明記するべきと私、及び他の多くの人は考えておりますよ。

リリースするさくら猫に関しては、元の場所でも生きていけるだろうと判断しています。怪我や病気、餌やりさんの不在などの生きていくことが難しいと場合は、保護主の判断で保護しています。もちろん全部保護してあげたいのですが、お金も時間も場所も人手も限られており、できません。その限られたキャパシティが足りなくなってしまうと、保護すべき子も保護することが出来なくなってしまうので、キャパシティを見極めながらの活動となります。ただ、現状野良猫として生きている中で、手術とワクチンと駆虫と抗生物質の注射を施していますので、「今まで」よりは良い状態で暮らせるようにとリリースしています。ただ、野良猫として生きるのが過酷な環境であることはわかっているので、非常に申し訳なく思いますが、地域の方に今まで以上に大切にしてもらって過ごしてもらいたいと思います。

>貴殿方が思っている以上に世間は野良猫に無関心です。然れどひと度無関心層に話せば貴殿方の活動に関して疑問は多々寄せら>れる事と思います。

野良猫に世間が無関心なのは、目についてないため、まだ猫達の生活から見ると良い方なのです。多くの人目に付き、邪魔者扱いされ、嫌われることが何よりも心が痛みます。そのために、人に嫌われないように、餌やりさんが誰かに責められないように、その一助になれればと思います。リリースが悪のように思われるかもしれません。ただ、限られたものの中で「best」ではないけれども、より「better」の活動を心がけて行きたいと思います。

>マイナスからも逃げずにご返答をサイト内でお示し願えませんか?

マイナス面で言うと、やはり野良猫の寿命が短いことかもしれません。私が自宅でTNRした子達に関しては、5年目にして見かけなくなった子が居ます。ただ、その子は捕獲時にはすでに5歳くらいだったので、野良猫にしては非常に長生きしてくれた子だと思います。野良猫の寿命はおよそ4~5年。もっと早く亡くなる子もいるでしょう。ただ、寿命に関してはTNRをする方が伸びます。発情や出産等に多大なエネルギーを使っていますので、それから解放されると健康状態がとても良くなります。リリースはやむを得ない判断でしていますが、出来ることなら手術だけでもいろんな方に賛同して実施してもらいたいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: レスありがとうございました。

慧様

ご理解いただけて良かったです。

リサ、勢いよく道路を横断していたんですね…事故に遭わなくてよかったです。保護をしたからには、野良猫の時よりもっと、保護猫の時よりもっと、幸せになれるよう里親探しをじっくりと行っていきます。ご安心ください。

慧様に見守られ、リサは幸せだと思います。慧様が今後関わられる動物たちも、きっと幸せを感じることと思います。よろしくお願いいたします。
プロフィール

にゃんたま_まぐ

Author:にゃんたま_まぐ
にゃんたま日野の管理人

LINEスタンプ第2弾さくにゃんみけverよろしく!
収益は保護犬猫の医療費に充てさせてもらいます!

お問合せはコチラ(ブログコメントでもOK!その場合は、コメントに返信となります)
admin☆nyantamahino.tokyo
☆を@に変更して送信してね!

新にゃんたまLINEのIDはコチラ!
@678ldrxp

にゃんたまカウンター
最新記事
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる