FC2ブログ

冷たい?キツイ?

こんばんは!ドタバタしてたらすっかり更新が遅くなってしまった、にゃんたま日野管理人のまぐです!

愛ちゃんの調子がよくなって、一安心していたんですが…水曜の夜に、足の噛み傷が赤黒く腫れていることに気づき…翌朝には皮膚が破れ血が出ていました。朝から病院に行きたかったけど、アルバイトがあったので午後の診療ですっ飛んで行ったら、先生が縫った方がよさそうだね…と。

先生にどうする?って聞かれて
え!?先生!私に聞かれても困ります!先生に任せるんで、いいようにしてください!
いや~たまに縫いたくないってオーナーさんもいるから。でも、それだと治るのにすっごい時間かかっちゃうんで、縫っちゃいますね。
よろしくお願いします!!

という、不思議な会話を交わしたのでした(笑
先生のいいところ。どうする?ってよく聞いてくる。毎度、診察室でエェェェ!?とウウウウン!?と悩むことになりますが…先生の心遣いなんだと思っとく(笑

で、2針縫ってカラー生活になってしまった愛ちゃん。
DSC_0462.jpg
カラーすらかわいいじゃないか!萌え!

が、愛ちゃん、舐めないようにのカラーなのに舐めやがった…慌てて先生に相談すると、サイズアップした。が、これではご飯や水が自力で食べれない…ご飯や水の度に見張るしかないのか…とか言ってたんだが、それはやはり完璧には無理だ。飲み食いできないせいで体調が悪くなるのも困る!ということで、自作カラーを調べると、カップ麺の容器で作れと…ふむふむ。
DSC_0465 (2)
ということで、愛ちゃんは「マルちゃんのワンタンしょうゆ味」を被ることになったのでした。今のところ舐めてないが、シュンとしちゃってます…元気になっておくれ。

保護するとき、その猫がどんな猫かはわからない。

愛ちゃんは、たまたま庭を通りがかったのを私が見たから捕獲された。手術してリリースするつもりだったけど、余りにも小さいから保護した。そうしたら、怪我してた。体調も悪くなるし、抗生物質の注射してても傷が悪化するし、入院もした。さらには傷がぶり返して縫うはめに。

こんな風に、次から次へと問題が出てくる子もいる。

何もしなくても、超元気で、懐っこくて、あっという間に里親が決まる子もいる。

保護したらエイズで、なかなか里親さんが決まらない子もいる。

保護したらWキャリア(白血病&エイズ)で看取らなければいけない子もいる。

いい子なはずなのに、全然里親が決まらない子もいる。

全く人間に慣れなくて、そのまま家野良する保護猫もいる。

切羽詰まった状況で、即答で保護しちゃったりもするんです。でも、これだけのリスクを抱え込んでいるのが私たちです。何せ、猫の寿命は最大で25年くらい行きますからね。

目の前のその子、たった一匹を助けるのは簡単です。私がこの活動を辞めてしまえば、その一匹を迎え入れるのはとてもとても簡単なことです。が、自分は欲張って、里親さんを探して、もっと多くの猫を助けようとしています。だから、リスクを抱えながら、なんとかやっていくしかない。

でも、「ボランティアでしょ?」「なんで助けてくれないの!」「あそこのボランティアは冷たい!」「あそこのボランティアは感じが悪い!」「あの人たちは悪い人だ!」「お金をふんだくるんだ!」なんて言う人がいます。

実際、本当に冷たいのか?悪いのか?どうなのか?

たとえ私の事を言ったのでなくても、私がお世話になっている人に向かって言ってる人がいると思うと、許せないです。

本当に、冷たくて、悪いのは、君ではないのか?
スポンサーサイト



プロフィール

にゃんたま_まぐ

Author:にゃんたま_まぐ
にゃんたま日野の管理人

LINEスタンプ第2弾さくにゃんみけverよろしく!
収益は保護犬猫の医療費に充てさせてもらいます!

お問合せはコチラ(ブログコメントでもOK!その場合は、コメントに返信となります)
admin☆nyantamahino.tokyo
☆を@に変更して送信してね!

新にゃんたまLINEのIDはコチラ!
@678ldrxp

にゃんたまカウンター
最新記事
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる